【Amazon販売】真贋調査を徹底解説【せどり】【物販】

Amazon

今回は、真贋調査の概要から事前対策、実際に真贋調査を突破する方法まで解説します。

Amazon物販業を行なっていく上で「真贋調査」というキーワードは避けて通ることはできません。

また、真贋調査が来ると、誰もが慌ててしまい、正しい対応ができなくなってしまいます。

本記事を読んで、真贋調査が来たら、どういった対応をすれば良いかを事前に学んでおきましょう。

過去記事で、真贋調査が来るような商材を避けるための仕入れ判断も解説しているので、是非参考にしてください

大切なアカウントを守るために、きちんとした知識をこの記事で身につけておきましょう。

真贋調査とは

Amazonに出品しているセラーの商品が、正規品であるかどうかを判断するための調査です。

Amazonは、健全なECサイト作りのために真贋調査を行います。

Amazonが真贋調査を行う主な目的は、

  • 偽物の排除
  • メーカーからのクレーム対応
  • 悪質な無在庫販売セラーの排除

などが挙げられます。

真贋調査によって、セラーはアカウントの停止や閉鎖をされ、商品と売上金をロックされるリスクがあります

アカウントスペシャリスト(通称アカスペ)

アカウントスペシャリスト(通称アカスペ)と呼ばれる審査の専門部署が、真贋調査を執り行います。

電話・チャットでの受付は不可で、メールのみでのやり取りとなります。

紛らわしいですが、アカウントヘルスサポートという相談を聞いてくれる部署もあります。

こちらはセラーの味方で、アカウント復帰の手助けをしてくれる部署です

真贋調査は3種類

真贋調査には3つの種類あります。

  • ランダムピック型
  • 知的財産権型
  • クレーム型

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ランダムピック型

Amazon独自の算出方法によって、ランダムに審査対象を選出するタイプです。

新規でアカウントを開設したばかりのセラーが選出されやすいと言われていますが、詳細は不明です。

出品登録されたASINから3種類の商品が自動選出されて調査対象となります。

3種類のASINが並べて表記されたメールが届いたら、ランダムピック型だと思って間違いないでしょう

このタイプの真贋調査を受けると、解消されるまでアカウントは閉鎖され、売上金もロックされます

真贋を疑われている商品だけでなく、全ての商品が出品不可となるので、真贋調査の中でも最も恐ろしいタイプだと言えます

想定されるリスク

  • 長期的なアカウントの停止
  • 売上金を下ろせなくなる
  • FBA納品ができなくなる

正規品の証明ができる書類を提出することが、真贋調査突破の方法となりますが(復帰方法の項で詳しく解説します)証明が失敗すると、別の3ASINの証明を求められ、その証明ができないとまた次、という具合に長期的にアカウントを停止させられてしまいます。

FBA納品もできません(購入された商品の発送、在庫の返送手続きは可能)。

また、真贋調査が解除されるまでは売上金を下ろす事ができなくなります。

資金が滞れば次の仕入れに差し支えます

調査が来たら迅速に対応して、1日でも早い復帰を目指すことが重要です

知的財産権型

商標権など、知的財産権保有者からの申し立てにより発生するタイプです。

申し立てを受けたASINのみ、販売が強制的に停止されますが、アカウントそのものの運用は可能です

想定されるリスク

ランダムピック型と違い、該当ASINしか影響を受けないので無視することも可能です

売上金のロックなども発生しません。

あくまでも該当ASINの販売の可否のみが想定されるリスクとなります。

クレーム型

購入者のクレームにより発生するタイプです。

  • 商品画像と実物との相違点
  • 不良品

などといった理由により発生します。

想定されるリスク

知的財産権型と同じく、該当ASINの販売の可否のみが想定されるリスクとなります。

該当ASINしか影響を受けないので無視することも可能です

真贋調査の事前対策

真贋調査を受けないために、事前にできる対策があります。

予防策をしっかりして、いつか来るかもしれない真贋調査に備えておきましょう。

販売実績を積み上げることでリスクを軽減することも可能ですが、新規のセラーには不可能な方法なので、今回はその他の予防方法を2点紹介します。

  • アカウントヘルスを健全に保つ
  • 証拠書類を保管しておく

アカウントヘルスを健全に保つ

アカウントヘルスを健全に保つことが、真贋調査を受けないための予防線になり得ます。

  • 発送遅延をしない
  • コンディションガイドラインに沿った運営を心がける
  • 食品、飲料は特に注意する

発送遅延をしない

自己発送の場合は、発送遅延には特に気をつけましょう

コンディションガイドラインに沿った運営を心がける

Amazonにはコンディションガイドラインというものがあります。

文字数が多く、全て読むのは大変ですが、Amazonの取り決めているルールを守ることは予防策として有用です。

Amazonのコンディションガイドラインは必ず読んでおきましょう

食品、飲料は特に注意する

特にクレームなどに発生しやすいものは、

  • 髪の毛
  • 指紋
  • ホコリ
  • パッケージ汚れ
  • 賞味期限

などが挙げられます。

髪の毛などの異物の混入や、テープを貼るときの指紋には注意しましょう。

店舗せどりなどで古い商品を買う時も、パッケージ汚れやホコリには注意が必要です。

証拠書類を保管しておく

真贋調査はAmazonに対して正規品の証明をする行為です。

正規品を証明できる書類をきちんと管理しておくことが備えとして重要です。

証拠書類の前提条件

証拠書類の条件は3つです。

  • 仕入れ先から発行されたもの
  • 発行日から365日以内のもの
  • 記載の商品数が在庫と一致していること

以上の条件を満たしているものを、しっかり保管しておいてください。

証拠書類に必要な情報

証拠書類に必要な情報は、

  • 名前、屋号、住所、電話番号
  • 購入日時、納品日時
  • ショップ名、担当者名、住所、電話番号
  • 納品個数、購入個数
  • メーカー、商品名、型番、書類のJANと疑われているASINの紐付け

誰が、いつ、どこから、いくつ、何を買ったのか、以上の5つが明確になっている書類がベストです

具体的な証拠書類

具体的な証拠書類を、効力のある順番に並べると、

  1. 請求書
  2. 領収書
  3. レシート
  4. その他

という順になります。

請求書

できる限り発行しておくことで、アカウントが凍結・閉鎖するリスクを軽減することができます。

店舗によっては発行できませんが、請求書がなくとも真贋調査を突破することは可能です。

発行できる場合は最も有効な証拠書類となりますので、必ず発行してもらいましょう

領収書

手書き、氏名屋号の記載なしでも真贋調査を突破できる可能性があります。

よって、どのような形式でも発行された領収書は保管しておくようにしましょう

JANの記載がなくて不安な場合には、店員さんに言って、JANを記載してもらうようにしましょう

レシート

最も一般的な証明書です。

証明が十分な場合は、レシートで真贋調査を突破することも可能です。

その他

その他にも真贋調査を突破できる可能性のある証拠書類があります。

  • 納品書
  • 購入明細書
  • 送り状
  • 注文履歴画面のスクリーンショット
  • 仕入れ先とのメールのやり取り

どんな些細なものでも良いので、真贋調査突破の可能性を上げるために証拠書類はたくさん集めておきましょう

その他豆知識

そのほかの細かい証明方法としては、

  • 商品とレシートを撮影した画像を保管しておく
  • メーカーの保証関係書類を保管しておく

といったことも有効な場合があります。

正式な証拠書類を準備できない場合は試してみてください。

真贋調査を回避する方法

真贋調査を未然に回避する方法もあります。

回避方法は、それぞれのタイプによって異なるので1つずつ順番に解説していきます。

ランダムピック型

偽物が多く流通している商品を避ける

偽物が多く流通している商品を避けることで、真贋調査を回避することができます。

商品のレビューをチェックしてみるのも有効です。

ただし、ランダムピック型は来るときには来るものだと思っていた方が心の持ちようとしては正しいです

マイナーブランドの商品

マイナーなブランドは、転売により相場価格が落ちることを嫌います。

楽天市場やYahoo!ショッピングで仕入れた商材がマイナーブランドの商品で、販売していたAmazonセラーが軒並み真贋調査を受けた、というのはとてもよく聞く話。

知らないブランドの商品を仕入れる場合には慎重になったほうがいいでしょう

知的財産権型

セラーをチェック

自分が出品しようとしている商品を、すでに販売しているセラーを調べましょう。

セラーが、

  • メーカー直販
  • 公式
  • ブランド名

と、なっている場合は権利者から訴えられる可能性が大きいです

Keepaで波形を調べる

Keepaなどのツールを使って、出品者数と価格波形から危険度を調べることも可能です。

  • 出品者が常に1〜2人しかいない
  • 急激に出品者数が減少している期間がある
  • 定価に引き戻される強い力が働いているように見える

出品者が常に1〜2人しかいなかったり、出品者が多くいたのに急激に減っている場合は要注意です。

その期間に真贋調査が起こり、セラーが退場させられている可能性があります。

また、メーカーは定価で販売したいため、極端な値下げなどを嫌う傾向にあります。

クレーム型

ガイドラインを理解できているかどうかが重要です。

コンディションガイドラインをしっかり守っているか、まずは意識しましょう。

Amazon出品のコンディションガイドラインはこちらの記事を参照してください。

また、知識がない場合は並行輸入品は避けましょう

並行輸入品がなぜ危険かについては、楽天ポイントせどり記事の注意点の項目を参照してください。

真贋調査の突破方法

真贋調査が来たら、まずやるべきことは冷静になることです。

必要書類を持って、理詰めで論理的に対応すれば必ず真贋調査は突破できます

感情的な行動や発言は控えましょう

アカウントスペシャリストは、感情的に語られたとしても相手にしてくれません

アカウントスペシャリストからのメールをよく読み、求められていることを理解することが重要です

ランダムピック型の突破方法

提示された期限までに対応できなければ、アカウントが長期間閉鎖したままになります。

真贋調査の通知が来たら迅速に対応しましょう。

具体的な対応手順は3段階です。

  1. 資料集め
  2. 資料の説明文書作成
  3. アカスペに提出

資料集め

「具体的な証拠書類」の項で前述した、請求書、領収書、レシートなどをまとめましょう。

書類が集まらなくて困ったとしても、絶対に偽造などは行わないでください

法律違反はせずに、真っ当な商売をしましょう

正直に、実際に手に入る証拠種類だけで勝負しましょう。

資料の説明文書作成

用意した資料と実際に出品した商品の紐付け作業です。

いかに、証拠書類と実際の商品が一致しているかを明確に証明できるかが重要となります

日付や商品名など、わかることは全て細かく書きましょう。

以下、実際にアカスペに提出して真贋調査を突破した例文です。参考にしてください。

「店舗名」はご自身が運営しているAmazon上での店舗名を記載しましょう。

「本名」はAmazonに登録しているご自身の名前を書いてください。

「申し立てを受けた商品名」には、実際に真贋調査の対象となった商品の名前を書きましょう。

  • ASIN
  • SKU
  • FBA在庫数

これらの情報も記載しておいてください。

「申し立てを受けた商品を購入した店舗名」は真贋調査の対象となっている商品を購入した店舗の名前を書きましょう。

WEBサイトから購入している場合は、アドレスを書いておいてください。

  • 購入店舗の会社名
  • 購入店舗の住所
  • 購入店舗の電話番号

これらもわかる範囲で詳しく書いておきましょう。

添付ドキュメントがある場合は、何を添付したのか、その数量も書いておいてください。

「弊店による事実確認」の項には、できるだけ詳しく、購入から出品までの経過を書きましょう。

1つの証拠書類による立証が難しい場合は、「備考」という項を作成し、複数の証拠書類による紐付け作業を行なっていることを説明してください。

最後に「業務改善報告」を書いて、2度と同じ事が起こらないであろう改善案を提示しましょう。

アカスペに提出

資料集めと資料の説明文書が作成できたら、アカスペに提出しましょう。

具体的な手順は、セラーセントラルのトップ画面から、パフォーマンス

パフォーマンス通知

該当メールより、右側にあるアクション選択

「再会申請画面」から提出ができます。

証明が認められると、アカスペからアカウント再開のメールが届きます

知的財産権型、クレーム型の突破方法

知的財産権型は、アカスペからのメールの内容によって対応方法が変わります。

アカスペからのメールに「アカウント閉鎖」の文言がない

アカスペからのメールに「アカウント閉鎖」の文言がなければ、無視してもアカウントは閉鎖されません。

アカウントヘルスに傷が付いた状態になりますが、その傷は半年ほどで自然に消える仕様になっています。

該当ASINの商品の出品、SKUを削除して、返送手続きだけはしておきましょう。

アカスペからのメールに「アカウント閉鎖」の文言がある

アカスペからのメールに「アカウント閉鎖」の文言があれば、アカウントを閉鎖されるリスクがありますので、迅速に対応しましょう。

具体的に取るべき行動は、

  • 権利者への謝罪と取り下げ依頼
  • 正規品の証明

です。

権利者への謝罪と取り下げ依頼

まずは該当ASIN、SKUを削除して、権利者に謝罪のメールを送りましょう。

権利者についての情報は、アカスペからのメールを参照できます。

あわせて申し立ての取り下げを依頼します。

正規品の証明

  • 取り下げ依頼を却下された
  • 10日以上無視された

以上の場合は、黄色信号です。

ランダムピック型同様アカスペに対して正規品であることの証明を行いましょう。

対応が遅れるとアカウントが閉鎖されてしまう可能性があるので、要注意です

正規品証明の手順は、ランダムピック型と同様です。

まとめ

今回の記事では真贋調査について解説しました。

Amazonのアカウントが閉鎖されるリスクのある恐ろしいイメージの真贋調査ですが、対応方法を知っていれば未然に避けることは可能です。

また、事前に準備しておく証拠書類なども明確なのできちんとした知識があれば、恐れることは全くありません。

Amazonはせどり物販を行う上で、とても大切なパートナーです。

真贋調査に対する知識をしっかり付けて、Amazonの求める健全で信頼感のあるセラーを目指しましょう。

Twitterでは日々最新のノウハウを発信しています。

YouTubeではノウハウ動画や実践動画を配信しています。

https://www.youtube.com/c/gomachandakedo/featured

公式LINEではコンサル依頼を受け付けています。

LINE Add Friend

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました