【せどりで稼ぐ!】Keepaの稼げる機能!Product Finderを解説

せどり

今回の記事では、Keepaの便利な機能の1つProduct Finderについて解説します。

Keepaのおすすめポイントについては過去の記事を参考にしてください。

Keepa全体については過去の動画で解説していますが、Product Finderに関しては細かい項目が多いので、今回の記事を繰り返し読んで理解を深めてください。

【せどりの利益を伸ばそう】Keepaの使い方を徹底解説【仕入判断に必須のせどりツール】

Product Finderとは

Product Finderとは、Amazon上で販売されいる商品を条件を使って絞り込むことができるリサーチツールです。
具体的には、

  • ランキング
  • 価格
  • ブランド
  • セラー数
  • Amazonの有無

など、各項目のパラメーターを自分で設定して商品を絞り込み、リサーチしていきます。

通常のリサーチ方法は、まず目の前に商品があり、その商品が利益商品であるかどうかを調べていきます。

Product Finderでは逆に、まず利益の出そうな条件を決めてから商品をピックアップしていく流れとなります
利益商品というゴールから逆算をすることで、効率を上げるリサーチ手法であるということです。
Product Finderを使ったことのない人も多いかもしれませんが、使いこなせるようになるとかなり強力なリサーチツールになります。
Product Finderのリンクを貼っておきますので、ご自身で探せないという方も、こちらからご利用ください。

Keepa - Amazon Price Tracker
Amazon price history charts, price drop alerts, price watches, daily drops and browser extensions.

Product Finderの項目解説

では、実際にどのような絞り込み項目があるのか、項目ごとに解説していきます。

Sales Rank & Price Types

ここでは商品のランキングや、価格を使って絞り込みを行うことができます。

売れ筋ランキング

商品を指定したランキング幅で絞り込むことができます。
また、ランキング変動の幅や、90日間のランキング低下率を指定することもできます。
ランキングは販売数に直結する項目なので、最も重要な項目になります
需要が急上昇しているトレンド商品の発掘にも有効です

No Sales Rank

ランキングが無い商品に絞ることができます。
あえてランキングが無い商品だけをリサーチしたい場合にはチェックを入れましょう。

Lowest ever

現在のランキングが、今までで最も良い商品だけに絞り込むことができます。
この項目にチェックを入れることはまずありません。

現在価格

サイト側の誤表記で「価格」ではなく「ランキング」の項目です。
現在のランキング順位で絞り込むことができます。
fromには下限値、toには上限値を入力します。

… days avg.

指定した期間の平均ランキングで絞り込むことができます。
トレンド商品の発掘には、このパラメーターをうまく設定する必要があります

90 days drop

ランキングが90日間に何%下降したかを設定します。
トレンド商品の発掘にも有効です
コンディションや、出品種別の価格商品を指定した価格幅で絞り込むことができます。
また、価格上昇している商品、下落している商品に絞ることも可能です。

Out of stock

指定したコンディション・出品種別の出品者数が0である商品に絞り込むことができます。
他の項目で利益商品を絞り込んだ上で、この項目にチェックを入れると、ライバル不在で販売できる商材にたどり着けます

Lowest ever

現在の価格が、今までで最も安い商品だけに絞り込むことができます。

現在価格

現在の価格で絞り込みを行います。

fromには下限値、toには上限値を入力しましょう。

… days avg.

指定した期間の平均価格で絞り込むことができます。

90 days drop

価格が90日間に何%下降したかを設定します。
マイナスの値を指定することで、価格上昇を検知することも可能です

Amazon

Amazon本体が販売している価格で絞り込むことができます。

Outofstockにチェックを入れることで、Amazon本体がいない商品のみに絞り込むこともできます。

新品

FBAセラー、自己発送セラーが販売している商品の価格で絞り込むことができます。
Outofstockにチェックを入れると、「Amazonによる配達」と「New3rdParty」は選択できなくなります。

Amazonによる配達

FBAの新品商品の価格で絞り込むことができます。

New 3rd Party

自己発送の新品商品の価格で絞り込むことができます。

中古

中古商品の価格で絞り込むことができます。

参考価格

参考価格が設定されている商品ページの価格で絞り込むことができます。

タイムセール

タイムセールが行われている商品の価格で絞り込むことができます。

倉庫

Amazonアウトレットの商品の価格で絞り込むことができます。

コレクターアイテム

コレクター商品の価格で絞り込むことができます。

リファビッシュ

リファビッシュ商品の価格で絞り込むことができます。

Buy Box

カート価格で絞り込むことができます。

  • 中古品
  • ほぼ新品非常に良い
  • 良い

それぞれの価格で絞り込めます。

再生品

リファビッシュの価格で絞り込むことができます。
「リファビッシュ」は送料を含まず、「再生品」は送料を含んでいます。

eBay New

ebayで販売されている新品商品の固定価格で絞り込むことができます。
おそらく機能していない項目です。(2022年7月時点)

eBay Used

ebayで販売されている中古商品の固定価格で絞り込むことができます。
おそらく機能していない項目です。(2022年7月時点)

Title, Brand and more!

Amazonで取り決められている、カテゴリやサブカテゴリを使って絞り込みを行う項目です。
商品名を直接入力して絞り込むこともできます。

Root category

Amazonで設定されているカテゴリを指定して、絞り込みができます。

Sub categories

Amazonで設定されいるサブカテゴリを2つまで指定して、絞り込みができます。

Text fields

商品名を直接入力して、絞り込みができます。

Offer Counts

それぞれの状態別に出品者数を絞り込むことができます。

  • 新品アイテム数
  • 中古アイテム数
  • リファビッシュアイテム数
  • コレクターアイテム数
  • Count of retrieved live offers

FBAと自己発送それぞれのセラー数で絞り込むことができます。
セラー数は少ないほど良いですが、少なすぎると真贋調査や知的財産権の侵害などの恐れがあるので注意が必要です。
出品者数が長期間1〜2の商品には気を付けましょう。

真贋調査について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

Refine your search even more!

これまでに解説した項目から、さらに細かな設定ができる項目です。

Buy Box Seller

カートボックスを取得しているセラーを、

  • All
  • Amazon
  • 3rd Party
  • Seller IDs:

それぞれ絞り込むことが可能です。
SellerIDsでセラーIDを入力すれば、そのセラーがカートを取得している商品のみに絞り込むことができます

Seller

特定のセラーIDを入力することで、そのセラーの出品している商品のみに絞り込むことができます。

セラーリサーチの精度を上げることができる項目です

Additional Buy Box switches

Buy Box: Is FBAは、FBAセラーがカートを取得している商品のみに絞り込むことができます。

Buy Box: Unqualifiedは、カート取得者がいない商品に絞り込むことができます。

Product Type

有形物と無形物を分けて絞り込むことができる項目です。

  • Physical Product→有形物
  • Digital Product→デジタルコンテンツなどの無形物

Digital Productのチェックは外してもいいです。

Variations

バリエーションがある商品を含んで絞り込むかどうかを選べます。
色やサイズなどの、バリエーションがある商品をリサーチから省きたい場合に使用します

Last Price Change

価格変更を行った日時を指定して絞り込みができます。

Tracking since

Keepaのデータ取得が始まった時期を指定できます。

Listed since

商品カタログが作成された時期を指定できます。

Publication Date

商品カタログ掲載日で絞り込みができます。

Release Date

商品の発売日を指定できます。

90 days out of stock percentage (OOS %)

過去90日間の在庫切れ率を指定できます。

Sales Rank Drops

Sales Rank Dropsとは、売れ筋ランキングが何回下落、つまりランキングが上がったかを意味しています。
すなわち、商品が売れた回数と相関のある数字です。
過去30日〜180日の間での販売数による絞り込みができる項目です

Rating

評価数を指定して絞り込むことができます。

Review Count

レビューを指定して絞り込みができます。

Availability of the Amazon offer

Amazon本体の在庫状況に合わせた絞り込みができます。

  • no Amazon offer exists→Amazon在庫がない。
  • Amazon offer is in stock and shippable→Amazon在庫があり、発送可能。
  • Amazon offer is a pre-order→Amazon本体の在庫なしだが、予約が可能な商品。
  • Amazon offer availability is “unknown”→Amazon販売可能かどうかが不明。
  • Amazon offer is back-ordered→Amazon本体が入荷待ち状態。
  • Amazon offer shipping is delayed→Amazon本体の発送に時間がかかっている。

FBA Pick&Pack Fee ¥

FBA手数料による絞り込みができます。
550円以下に設定をすれば、標準サイズのみを抽出可能になります

Number of …

  • 商品のアイテム数
  • 書籍のページ数

によって、それぞれ絞り込みができます。

Package Dimensions

商品の梱包サイズを指定して絞り込みができます。

  • Dimension 体積 
  • Length 長さ
  • Width 幅
  • Height 高さ

Package

商品の、梱包後の総重量を指定して絞り込みができます。

Item Dimensions

商品自体のサイズを指定して絞り込みができます。

  • Dimension 体積
  • Length 長さ
  • Width 幅
  • Height 高さ

Item

商品自体の重さを指定して絞り込みができます。

One Time Coupon

Amazonが発行するワンタイムクーポンの割引率を指定して絞り込みができます。

  • Absolute 金額
  • Percentage 値引率

Subscribe and Save Coupon

定期お得便の割引率を指定して絞り込みができます。

Additional switches

追加項目の有無がそれぞれ設定ができます。

MAP restriction

Minimum Advertisement Priceが設定されている商品に限ります。
詳しくはご自身でお調べいただきたいですが簡単に説明すると、広告インターネット販売の際に最低価格を制限している商品を指します。

Launchpad

Amazon Launchpadという、スタートアップ支援プログラムの商品のみを絞り込みます。
使うことはまずありません。

Adult Product

アダルト商品に限定します。

Trade-In Eligible

下取りが可能である商品に限定します。

Prime Eligible (Buy Box)

カートボックスがプライム対象商品です。

Subscribe and Save

Amazonの定期特便を含みます。

Additional switches

追加項目の有無がそれぞれ設定ができます

MAP restriction

Minimum Advertisement Priceが設定されている商品に限ります

詳しくはご自身でお調べいただきたいですが、

  • 広告
  • インターネット販売

の際に、最低価格を制限している商品です

Launchpad

Amazon Launchpadという、スタートアップ支援プログラムの商品のみを絞り込みます

使うことはまずありません

Adult Product

アダルト商品に限定します

Trade-In Eligible

下取りが可能である商品

Prime Eligible (Buy Box)

カートボックスがプライム対象商品です

Subscribe and Save

Amazonの定期特便を含みます

Additional settings

Allow products with possibly outdated price information to be included

価格情報が古いものも含めるかどうかを設定できます

ProductFinderの注意点

以上解説したように、とても便利なProductFinderですが注意点もあります。
それは、無限に検索をかけることはできないということです
Keepaはアクセスの集中を防止するため、アクセス制限を設けています。
画面右上のQuota Leftという項目です。

この数値が0になると検索をかけることができなくなります

1時間に5%ずつ回復する仕組みになっているので、こちらの残量には常に注意しておきましょう。

より高額なプランに課金をすれば検索できる件数を増やすこともできます

まとめ

Product Finderはとても便利ですが、項目が多く一度に全てを把握することは難しいリサーチツールです。

今回の記事を繰り返し読み、わからなくなったら戻ってきて辞書のように活用することによって、少しずつ理解を深めていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました