Keepaの使い方

せどり

この記事ではせどりのリサーチツールであるKeepaについて解説します。

2020年6月にせどりリサーチツールの主流であったモノレートが閉鎖になりました。
そして多くの人がKeepaに流れてきたわけですが、Keepaは良くも悪くも複雑です。

ということで、Keepaについて体系的にまとめました。

しっかり学んでリサーチ力を身につけていきましょう!

Keepaでできること

無料版

Keepa無料版の波形

まず、Keepaの大きな特徴として挙げられるのがのが、データ取得が高頻度であるということです。

高ランキング商品であれば数時間に1回のデータ取得、
低ランキングの場合でも1日数回程度のデータ取得がされます。

デルタトレーサーや(故)モノレートが高ランキングの商品であったとしても1日数回程
度しかデータ取得がされていなかったことを考えると、圧倒的に高頻度であると言えるでしょう。

価格推移が見られる

無料版のKeepaでも

  • Amazon
  • 新品
  • 中古-ほぼ新品
  • 中古-非常に良い
  • 中古-良い
  • 中古-可
  • コレクター商品
  • Amazonによる配達
  • 倉庫
  • 新規出品

など、価格推移はかなり詳細に見ることが出来ます

Amazon本体の在庫切れ頻度を知ることができる

オレンジ色で表示されているのがAmazon本体の価格推移です。
Amazon本体とは、商品ページで「Amazonが販売、発送します」と表示されている出品のことを指します。
つまり、オレンジ色が途切れている期間がAmazon本体が在庫切れを起こしている期間を意味しています。
このAmazon本体の在庫切れの頻度の表示はデルタトレーサーより高精度です。

トラッキング機能

設定価格以上もしくは設定価格以下になった時に通知がもらえる機能です。

  • メール
  • Telegram Messenger
  • Webプッシュ通知
  • RSSフィード

で通知がもらえるため、刈り取りのタイミングやトレンドを知るのによく使用されます。

リサーチを無料で完結させたいなら

せどりをこれから始める人にとっては、リサーチツールの固定費はできるだけ削減しておきたいところ。
そんな人には

  1. デルタトレーサーで大まかな販売個数を把握
  2. Keepaで価格推移を把握し、出品価格を決める

というリサーチ手法をおすすめします。
デルタトレーサーの解説記事はこちら

慣れてきたらKeepaの有料プランへの課金も検討しましょう。

有料版

Keepa有料版は月額19ユーロ(約2,500円)、年払いだと189ユーロ(約25,000円)です。

事業の固定費としては高く無い金額ですので、
せどりを継続していくことを決めた方には必須ツールと言えるでしょう。

Keepa有料版の波形

無料版より詳細な価格推移が見られる

新品の波形になかった特徴としてカート価格がわかります。
カート価格はKeepaでは”Buy box”として表記されています。
新品商品をFBA納品しているせどらーにとっては最も参照すべき数値です。

ランキング推移がわかる

無料版との最も大きな違いです。
ランキング波形を見ることで、

  • 仕入れ個数の判断
  • 需要の増加によるトレンド
  • Amazonランキングの仕様変更
  • 今後の値上がり・値下がり予想

が立てやすくなります。

Amazonランキングは1時間に1回更新され、
商品が売れるとランキングが上がります(○位の数値が小さくなる)。

図の赤丸の部分が商品が売れた点を意味しているわけです。
すなわち、一定期間内の販売個数を数えることでその商品の回転率がわかります。

つまり、ランキング波形のギザギザが細かいほど高頻度で売れていると判断できます。

出品者数がわかる

新品商品・中古商品それぞれの出品者数がわかります。

出品者数が増加傾向にある場合には今後値下がりの可能性があり、
出品者数が減少傾向にある場合には今後値上がりの可能性があります。

また、出品者数が急激に減少している商品の場合は、
「真贋調査」もしくは「知的財産権の侵害」により
出品の取下げ処分を受けている可能性があります。

そのような商品を仕入れないためにも出品者数の推移は
しっかりとチェックするようにしましょう

売れた商品の商品情報・出品者情報が見られる

グラフ上の点にカーソルを合わせると、
販売済み商品の出品コンディション・出品者情報・価格推移などが
事細かに表示されます。

使う機会は多く無いかもしれませんが、実は非常に多くのヒントを含んだ項目です。

トラッキング機能

無料版でも使える機能ですが、有料版はよりパワフルです。
設定価格以上もしくは設定価格以下になった時に通知がもらえる機能です。

  • メール
  • Telegram Messenger
  • Webプッシュ通知
  • RSSフィード

で通知がもらえるため、刈り取りのタイミングやトレンドを知るのによく使用されます。

無料版の価格通知機能に加えて、販売個数が設定以下または設定以上になった時に通知がもらえます。
この機能自体知っている人は多くはないという印象です。

この機能を上手に使うことによって、値上がりの前兆を察知できます。
せどりの上級者になるためにも、トラッキング機能を使いこなせるようになりましょう!

Keepaの導入方法

ブラウザ版のKeepaは使い勝手が悪いため、
基本的にはChromeの拡張機能として使うことになります。

Chrome拡張機能

KeepaのChrome拡張機能を用いると、Amazonの商品ページ上にKeepaの波形が表示されるようになります。
Chrome拡張機能にはせどりのリサーチに有用なものが多いので、リサーチの際のブラウザはChromeを使うといいでしょう。

キーゾン

キーゾン

キーゾンはKeepaのランキング波形から販売個数を割り出す拡張機能です。
モノレートに対するモノゾンと同様の機能だと思っておいてください。

Keepaの有料版の登録が必須なので注意。

ランキング数値の変動(デフォルトは5%)が販売個数1個と数えられていますが、
かなり数え間違いが多い印象です。

キーゾンweb

キーゾンweb

拡張機能ではありませんが、便利なツールとしてキーゾンwebを紹介します。
モノレートのようなUIで直観的な仕入れ判断に向いているツールです。
スマホでも近いUIでの表示となるため、店舗でのリサーチに向いています
せどりすとプレミアムやアマコードプロ使用者はキーゾンwebに飛べるように設定しておくとリサーチが捗るでしょう。

利用するにはKeepaの有料登録が必要です。

まとめ

本記事では高機能多機能せどりリサーチツール「Keepa」の解説として

  • Keepaでできること
  • Keepaの導入方法

について書きました。
モノレートの閉鎖で不安な方も、Keepaを使って仕入れ判断をしてみてください。

Twitterでは日々最新のノウハウを発信しています。

YouTubeではノウハウ動画や実践動画を配信しています。

https://www.youtube.com/c/gomachandakedo/featured

公式LINEではコンサル依頼を受け付けています。

LINE Add Friend

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました