デルタトレーサーの使い方

せどり

本記事ではせどりの仕入れ判断に使える無料ツールであるデルタトレーサーについて解説します。


今までせどらーの強力な味方だったモノレートが2020年6月30日に閉鎖されました。
仕入れ判断の指標がなくなってしまって、露頭に迷ってしまっているせどらーも多いと思います。


でも、安心してください。

デルタトレーサーを使えばモノレートとほとんど変わらずに仕入れ判断を行うことができます。
モノレートが閉鎖になり、せどりのハードルが上がった今、ライバルと差をつけていきましょう!

デルタトレーサーでできること

出品種別の価格推移が見られる

新品商品

新品商品の出品形態別価格推移

新品商品に関しては
・最安値(デフォルト)
・カート価格
・プライム価格
・Amazon本体
の価格推移をグラフとして見ることができます。


ただし、Amazon本体が反映されにくいので自分で出品一覧を確認することをお勧めします。


「送料込み」にチェックを入れることにより、送料を含んだ価格が表示されます。

中古商品

コンディション別の価格推移

中古商品に関しては
・最安値(デフォルト)
・プライム
・良い以上
・非常に良い以上
・ほぼ新品以上
の価格推移を見ることができます。


中古せどりの場合には単なる最安値ではなく、同じコンディションの最安値が重要となってきます。
コンディション別の価格推移を見ることができるのはデルタトレーサーの大きな強みといえるでしょう。

コレクター商品

コレクター商品に関しては
・最安値(デフォルト)
・プライム
が参照可能です。


コレクター商品の出品をする機会は少ないと思うので使うことは少ないでしょう。


ランキング推移がわかる

ランキング波形の概念図

Amazonランキングは1時間に1回更新され、商品が売れるとランキングが上がります(○位の数値が小さくなる)。
デルタトレーサーでは、数%程度ランキングが上昇している点を「売れた」と見なしています(図の赤丸)。
すなわち、一定期間内の販売個数を数えることでその商品の回転率がわかります。


ちなみに「回転率」とはせどらーのスラングで「一定期間あたりの販売個数」を意味します。
例えば、「この商品は1ヶ月30個の回転率」と言ったりします。


ランキング波形のギザギザが細かいほど高頻度で売れていると判断できます。
またまた余談ですが高回転率のグラフを「バキバキ」と言ったりします。

販売個数が表示される

アカウントを作成すると「販売個数」が表示されます。
イメージとしては、モノレートの拡張機能「モノゾン」と同じ機能がデルタトレーサーのアカウント登録をすることで使用できるようになるのです。

Chrome拡張機能なしで販売状況が表示されるので、PCとスマホでの使用感がほとんど変わりません

ログイン前
ログイン後

導入方法

ブラウザ版

ブラウザ版デルタトレーサー

WebブラウザでDELTA tracerのサイトを開くことで使えます。
「ASIN、JANコード、キーワードで検索可能」と書かれていますが、ASINでの検索が最も精度が高いです。
スマホのブラウザからもほとんど変わらない使用感です。

Chrome拡張機能

Chrome拡張機能を使うとAmazonの商品ページ上でデルタトレーサーが使えるようになります。
※拡張機能を入れすぎると動作が重くなるので注意。

スマホアプリ

Android版のみアプリがあります。
しかし、ブラウザ版とほぼ変わりませんし、バーコードリーダーもついていません。
スマホでアプリ版を使うかブラウザ版を使うかは好みによると言ってもいいでしょう。

注意点

サーバーが弱い

サーバー落ちが頻繁に起こります。
特に、楽天の買い回りマラソン時にはほとんど機能しないと思っていいでしょう。


サーバー落ちはモノレート閉鎖後さらに高頻度で起こるようになりました。
楽天せどりの際にはキャンペーン開始前に事前リサーチがおすすめです。

リサーチ人数が不明

モノレートには「モノレートユーザー数」のグラフがありました。
モノレートユーザー数が急増している商品は値崩れリスクが高いため、仕入れを避けるという選択肢を取ることができました。


デルタトレーサーには対応するグラフがないので出品者の急増による値崩れを回避しにくいです。

販売個数の飽和

Amazonのランキング更新が1時間に1回されるのに対して、デルタトレーサーのデータ取得頻度は多くても1日に1〜3回程度です。
したがって、どれだけ実際の回転率がよくてもデルタトレーサー上の回転率が月60個程度で頭打ちします。


実際の商品の回転率はランキングの絶対値を見て判断する癖をつけたほうがいいでしょう。

Amazonランキングの仕様変更


Amazonのランキングには時々仕様変更がかかります。
2020年5月23日にAmazonのランキングの仕様変更がかかりました。
同一のJANコードに紐づいている商品のランキングが親ASINのランキングに統合されました。


例えば

0523以前は


1. 商品Aの単品(カテゴリーランキング500位)
 月に50個以上売れている
2. 商品Aの6個セット(カテゴリーランキング10000位)
 月に10個程度しか売れていない



といったようなランキング波形だったものが、

0523以降は

  1. 商品Aの単品(カテゴリーランキング500位)
     月に50個以上売れている
  2. 商品Aの6個セット(カテゴリーランキング500位)
     月に50個以上売れているように見える
     実際には月に10個程度しか売れていない


といったように「実際の回転率と見かけの回転率が大きく異なる」ということが起こるようになりました。

単品商品のカタログ
6個セットの商品カタログ


バリエーションがある商品に関しては0523以前のランキングもチェックしておくことが対策になるでしょう。

カテゴリー別のランキング仕様変更は

6月 3日 メンズシェーバー
7月14日 ジェルボール型洗剤

などなど定期的に行われています。
ランキングの仕様変更がある前提で波形を見極めるようにしましょう。


急に回転率が変化している商品に関しては同一カテゴリーの商品の波形を複数確認することでランキングの仕様変更に気づくことができます。

まとめ

本記事では無料で使えるせどり用ツール「デルタトレーサー」の解説として

  • デルタトレーサーでできること
  • デルタトレーサーの導入方法
  • デルタトレーサーの使用上の注意点

について書きました。
モノレートの閉鎖で不安な方も、デルタトレーサーを使って仕入れ判断をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました